2018年4月25日 (水)

フリーパターン「Quatrain」より、モチーフの1枚を編んでみた

編み方(初級) 編み方(中級) 編み方(上級) タティングレース編み図

 
こんにちは、YuiYui です。

ご訪問有難うございます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

突然ですが。
 

タティングレースをされている方なら、

★フリーパターンを使ったことがある

もしくは

★良く利用する

・・・と言うことがあると思います。

 
ワタクシも海外の作家さんの

フリーパターンには

とってもとってもお世話になっています。

 
都合のついた時に編めるよう

レシピをプリントアウトして

ファイルにまとめているんですが、

ここ6~7年の間にそのファイルが

「大百科」のような

厚みになってしまいました。( ̄◆ ̄;)
 

当然編めていないモノも沢山あります。
 

ただプリントアウトしただけのレシピも

いっぱいあるので、

ブログで紹介する時は・・・

「あれ~?元のサイトはどこだったっけな?」

・・・などと、

ネットで検索しなおさなくてはいけません。

(すいませんね。ズボラなんで・・・)
 

老後はこれで十分時間を

つぶせるのではないかと思うほどです。
 

で、

コツコツとクリアしていこうと、

最近こんなものを編んでみました。

 

四行連(よんぎょうれん)?

Dc042404
upwardrightこちらが編んだモチーフです。

海外のフリーパターンを使いました。

【フリーパターンはこちら】

 
「ローズ&クラウン(バラと王冠)」と

同じ作家さん作品です。


【関連記事】 : ケルティックタティング 『ローズ&クラウン』 を編んでみた


 

タイトルの 「Quatrain」 を調べてみたところ

「四行連」と出てきたんですよ。

 
よんぎょうれん?( ̄◆ ̄;)

 
なんじゃそりゃ???となりますよね。
 

タイトルと作品の関連が

さっぱり分からないワタクシ。
 

一応調べてみましたら・・・

 


四行連(よんぎょうれん;四行連句quatrain, クウォートレインクワトレイン)は、4行で構成されるスタンザ(詩節、連)のこと。

狭義の「quatrain」は、4行のみで作られた四行詩四行連詩)を指す。

ヨーロッパの詩の中で最も一般的なスタンザ形式である。

押韻構成は「aabb」「abab」「abba」「abcb」などでなる。

ウィキペディアより


 

へ~、そうなのね。( ̄◇ ̄)

さっぱり分かってないのに

一応 「ふむふむ」 しておくワタクシ。


日本の「短歌」や「俳句」と

似たようなもんかな・・・

と、解釈したことにしておくワタクシ。

 
ちなみにレシピの完成作品は

4枚つなぎのモチーフなので、

「モチーフ1枚」=「1行の詩」

と、とらえているんだと思います。

 
あら~、ロマンチックnote

と、その芸術性も

理解できたことにしておくワタクシ。

 


スポンサーリンク

 

覚えるテクニックは3つ

このパターン。

そんなに難しくはないのですが、

以下の技術を覚えないと編めません。

 


【シャトル2個使い】
シャトル2個使い/チェーンの上にリングを作る・その1
シャトル2個使い/チェーンの上にリングを作る・その2

 
【ジョセフィンノット】
ジョセフィンノット・その1
ジョセフィンノット・その2

 
【スプリットリング】
スプリットリング・その1
スプリットリング・その2
スプリットリング・その3


 
過去の記事でまとめていますので、

参考にしてみてくださいね。

 

CJKってなに??

レシピは見事に全文英語なのですが

完成作品に目数が記載されてますので

文章が読めなくても

だいたい分かると思います。

 
その中で何やら見慣れない記号

「CJK」 ってのを発見!

 
Photo
ここ(赤い矢印)ですね。

 
「CJK」 とは・・・

★チェーン状(C)

★ジョセフィンノット(JK)

・・・のことです。

 
「ジョセフィンノット」って一般的には

リング状に編むんですが、

ここではチェーン状に編みます。
 

モチーフの構造上、

そのほうが綺麗に仕上がります。
 

リング状態でもテストしてみましたけど

イマイチおさまりが悪かったです。

 
ジョセフィンノットができる方なら

リング → チェーン に変えるだけなので

特に難しいことはないですよ。(・▽・)b

 

何枚でもオッケー

ちなみにこのモチーフ。

レシピでは特に糸のサイズ指定はありません。

(解読できてなかったらすみませんsweat02

 
ワタクシはリズベス20番手(663色)

を使ったのですが、
 

Photo_2
四方が4cm弱の仕上がりになりました。

 
レシピは4枚つなぎなので・・・

Photo_3
upwardrightこんな感じになります。

 
Photo_4
赤マル部分にリングのジョイントが集中するので

 
Photo_5
ここのピコは長めにとっておかないと・・・

 
キツキツのパツパツ!

・・・になるかもですよ~。( ̄◆ ̄;)

 
そこを気を付けておけば

何枚もつなげて大きな作品も可能です。

 
Dc042513


ワタクシはもう少し大きくしたいので、

「3×3」枚で仕上げる予定です。

 

では、YuiYuiでした。(^^)

 

 

↓こちらもよろしくお願いします!
Photo_5
 
縫い物あれこれ作製日記

 


スポンサーリンク

| | コメント (0)

«『マジックスレッド』 リングだけ作品に使う場合/最初のリングの始末方法・その2